オフィスレイアウトを考える時の考慮点

by author



オフィスレイアウトを考える時に考慮する必要があります。
先ず、社員の人数ですが、少人数であればそれ程考える事は無いですが、大人数になりますと、オフィス賃貸も考えなければなりません。

通常は大部屋となりますが同じ部屋だと、例えば風邪が感染のため蔓延してしまう等のデメリットがあります。

少なくともパーテーションで部署別に区切りをする必要があります。

エキサイトニュースを検索してみてください。

但し、小部屋にしてしまうと他部署との連携がなくなってしまう事もありますので、業務の関係性を考慮して大小部屋を考えます。又、席ですが、企業の業種にもより一概には決める事は困難です。


然し、業務の内容は多種多様となっている点を考えますと、従来の固定席からフリー席にする事も段々と増えつつあります。固定席のメリットは一目で誰がいないのか分かります。

席も人数分あれば良いのでレイアウトを作成する時は簡単です。


デメリットは出張等が多い方ではいつも空きとなりスペースの無駄となります。フリー席の場合のメリットは出張等の多い時には小スペースとなります。


デメリットは席が毎日変わりますので誰がいないのか一目で分かりません。

業務の内容に合わせてこの部署は固定に、こっちの部署はフリーにと言った融通性が出来る様にします。
情報システム的に考えますと、殆んどの人がパソコンを使用して何らかの業務をしています。その点を考慮しますとオフィスレイアウトはフリーに重点を置いた方が良いです。



出社している人が居る居ないについてはセキュリティーカードでの情報もありますし、アナログ的に把握したいのであればマグネットを使用した出社、退社、外出の切り替えカードを使用すれば良いです。

以上オフィスレイアウトを検討する時の考慮すべき事です。