イケアの特徴について

イケアは1943年にスウェーデンで設立された世界最大の家具の量販店です。

アルファベットではIKEAと書きますが、これはIngvarKampradElmtarydAgunnarydの頭文字に由来します。IngvarKampradは創業者の名前であり、ElmtarydとAgunnarydは彼が育った農場の名前です。イケアは日本にも出店を果たしており、2017年現在で9つの店舗が展開されています。イケアの特徴として、家具は原則として自分で組み立てることが挙げられます。

オンラインサイトや店舗では、完成した家具ではなく、組み立て前のパーツが販売されています。組み立てるとは言え、それほど難しい作業を必要とするわけではありません。十分に自分でも組み立てられるように配慮されていますし、自分で完成させた家具を自宅に設置するのは喜びを実感することができるメリットもあります。

とはいえ、家具を自力で組み立てるのは困難というケースも考えられます。そのような場合には、組立代行のサービスを利用すると便利です。組立代行は有料サービスですが、手間を削減できたり、作業による怪我の恐れをなくすといったメリットがあります。また、イケアの実店舗は家族連れが楽しめるように配慮されています。

大人はインテリアを楽しむことができますし、子どもたちが遊べるスペースも設置されています。具体的には、4歳から10歳の子どもを対象とする託児所「スモーランド」が設けられており、1時間無料で子どもを預けることが可能です。さらには、休憩スペースとしてレストランも設けられています。ここでは軽食はもちろん、スウェーデンの伝統料理も楽しめる環境が整っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *